ニキビを作らない。出来にくい肌にするには?

できてしまうと憂鬱なうえに、なかなか治りにくいニキビ。さらにニキビって、酷くなると炎症が悪化して化膿し、お肌がクレーターのように凸凹になってしまうことも!ひどくな
そのため、ここではそんなニキビをまず、根本から予防する方法、今あるニキビを改善し、今後はニキビができにくいお肌を目指すために外せない2つのポイントに絞って、ニキビケアについてご紹介しています。

<ニキビができにくいお肌にするための2ポイント>
○洗顔を学ぶ!!

ニキビができやすく、治りにくいと嘆いている方は洗顔に注目してみてください。ニキビがあるからとごしごしこすったり、日に何度も洗顔をしたり、泡立てが不十分ではないでしょうか? ニキビが気になる方は、毎日丁寧に洗顔をすることがニキビをできにくいお肌に改善するためのポイントなんです。

洗顔では、環境で着いた汚れにメイク、余分な皮脂、角質などを落とすことができる洗浄力のある洗顔フォームで、なおかつお肌を労わって汚れだけを落とすことに優れた洗顔料を選ぶことが大切です。洗いすぎは逆に過剰に皮脂をつくる原因になってしまったり、お肌が保湿できず乾燥状態になってしまったりで、お肌の状態が悪化する可能性が高くなるのでやめておきましょう!

お肌をごしごしこするのもNG。刺激はニキビの炎症を悪化させることにもなりますし、お肌へのダメージからニキビが発生してしまうことも。洗顔のし過ぎに気を付けつつ、泡で顔を包み込み、こすらずに汚れを浮かして丁寧に洗う、すすぐときは十分すすぐ、を心がけましょう。

<スキンケアはニキビに特化したものがお勧め>
やはりニキビ専用のケア商品は、ニキビの炎症を抑えてくれたり、もちろん殺菌効果でニキビ予防ができるよう工夫されています。ニキビにお悩みの方は、やはりアクネ専用のローションや乳液、クリームがおすすめですよ。丁寧な洗顔にアクネケアをすることで、グッとニキビのできにくいお肌に改善することが可能になります。