ニキビが出来るメカニズムについて学ぼう

ニキビにお悩みの方は、まずはニキビのメカニズムから学ぶことが大切です。

そこでここでは、ニキビができるメカニズムについて、ご紹介したいと思います。

 

<ニキビの原因ってなに?>

ニキビのメカニズムを知るには、まずニキビができる原因について抑えておくことが必要ですよね。

 

ニキビがどうして発生するのかといえば、私たちのお肌にある毛穴の中に皮脂がつまり、皮脂によってアクネ菌が増えてしまいます。そしてそのせいで、毛穴の中で炎症が起こってしまい、ニキビとなってしまうのですね。

 

10代など思春期の子供たちにニキビの悩みが多いワケは、ホルモンバランスが関係しているといわれています。思春期では、皮脂量も増え、ニキビができやすい環境にさらされてしまうわけですね。毛穴に皮脂がたまることでニキビが発生するのですから、10代にニキビの悩みが多いのは当然の結果といえるわけですね。

 

<ニキビを作りやすい環境とは?>

ニキビは体質的にできやすいという方、汗かきの方などにも起こりやすいですが、ストレスや生理前、不規則な食生活や睡眠時間も影響しているといわれます。さらに寝具など、顔のお肌に触れる部分を清潔に保つことも、ニキビ予防には大切なのですね。

 

<ニキビの成長>

ニキビは、初期では毛穴が詰まった状態で白く盛り上がっている白ニキビから成長していきます。白ニキビをそのまま放置しておくと、赤ニキビといって炎症が起きてしまう、赤色のニキビに進んでいきます。さらに、白ニキビの皮脂が参加して黒ニキビになったりもします。最後には赤ニキビが悪化、黄色い膿が毛穴に溜まって膿を含んだニキビになってしまいます。ここにきて、ニキビを潰す方も多いかもしれませんが、ニキビはつぶさないこと、どうしても気になってしまうのであれば、皮膚科を受診してプロに処置してもらうようにしましょう。

 

ニキビにお悩みの方は、洗顔方法や効果的な予防方法を学んで、ニキビにじっくり取り組んでいくようにしたいですね!